モノトーンのおしゃれを楽しむ

MURUAはアパレルショップの店長の経験をもつ荻原桃子さんがプロデュースするアパレルブランドです。

MURUAのファッションの特徴はモノトーンコーディです。あえて流行を抑えてトレンド感のあるファッションスタイルに人気を集めています。全体的にシックで大人っぽさを感じさせながら、女性らしさを感じさせるファッションといえます。

MURUAのファッションポイントの一つはモノトーンプラスワンポイントカラーです。シックなモノトーンカラーに赤や黄色などの靴やバックなどにワンポイントカラーを取り入れることによって、よりおしゃれ感をプラスすることができます。

MURUAのオフィシャルサイトではMURUAファッションのコンセプトやコレクション、マガジン方式でのアイテム紹介など、MURUAに関する情報が満載ですので、興味のある方は是非一度サイトをご覧いただければと思います。気になるファッションの参考にしていただける内容となっています。

また、全国主要都市にショップを展開していますが、住まいのお近くにショップがないという方のために、オンラインショップも展開しております。

オンラインショップでも服はもちろん、靴やバッグ、財布、アクセサリーなど服飾小物も多数取り揃えておりますので、こちらも是非、チェックしていただきたいと思います。

荻原桃子こだわりが光るMURUA

MURUAはモードを織り交ぜつつ、常に流行の最先端をいくブランドです。プロデューサーの荻原桃子さんは18歳でアパレル業界に入り販売、企画、デザイン、買い付けなど数多くの経験を積んできたアパレルのスペシャリストです。

そんな荻原桃子さんが細部までこだわって創り上げたMURUAは、身体のラインをとても綺麗に出してくれるシルエットに流行のデザインで、ファッションに敏感な10代〜20代の女性から圧倒的な支持を得ています。

クールさの中にフェミニンを入れるというのはなかなか難しいことですが、MURUAでは隅々のデザインや縫製までこだわりを持ちそれを実現しています。

またSNSも巧みに活用しており、インスタグラムでは洋服だけでなくモデルや構図、シチュエーションなど全てにおいて洗練されていてカリスマ性があるのも人気の理由の一つだと思われます。

MURUAができてから今まで一度もコンセプトがブレず一貫してブランドイメージを最大限に魅せ続けていることで長年多くのファンを引き寄せています。

現代女性が求める強さの表現と、荻原桃子さんがMURUAに込めた想いとが相まって進化し続ける主要ファッションブランドです。

荻原桃子プロデュースのファッションブランドMURUA

ムルーア(MURUA)とは、雑誌「ViVi」の元読者モデルだった荻原桃子氏が立ち上げたファッションブランドです。

荻原桃子氏は1984年大阪生まれて、18歳のときにアパレル店員となり、センスと熱意を評価され店長となり、企画、デザイン、海外への買い付けを経験しました。

それらの経験を活かし雑誌「ViVi」や「Bis」の読者モデルとしても活躍しました。そして、2006年にオリジナルのブランドとして画、デザイン、バイヤーなど全てをこなすプロデューサーとしてすべてこなす「MURUA」を立ち上げました。

MURUは、クールでモードなスタイリングの中に、女性らしいディティールや素材を取り入れて、フェミニンさを掛け合わせた “フェミニンモード” がコンセプトです。

具体的には、「内面の強さを秘めた女の子が可愛い服を身につけると、同性も異性をも惹きつけるさらなる魅力を手に入れる」ということだそうです。コレクションに登場しそうな個性的なアイテムが多く、どのアイテムもとってもクールでスタイリッシュ。

さらっと着こなしていたらとってもカッコいいです。ちなみに芸能人やモデルなどにもムルーアを愛用している方は多いようです。自分だけの個性を表現するのにぴったりのファッションブランドです。

価格もお手頃でデザインだけでなく品質も良いブランドです。